1. ホーム
  2. 性欲不足
  3. ≫年齢(加齢)による精力減退を克服する方法

年齢(加齢)による精力減退を克服する方法

男性にとって、精力(性欲)はある意味自信と誇りです。

若い頃には想像もできなかったことですが、年を重ねて精力が減退するとは思わなかったし、性欲が落ちる(盛り上がらない)ことが、こんなにも男性としての自信をなくすことだとは思いませんでした。

精力(性欲)は年をとれば減退していくのが普通です。

そして、自然の摂理とはわかっていても、気分的には悲しいことです。また、パートナーがいる人なら、相手にも申し訳ないという気持ちになるでしょう。恋愛として、50代60代で花を咲かせる(いわゆるモテ期)人もいるでしょう。

そこで今回は、年齢(加齢)による精力減退を克服する方法をご紹介します。

加齢による精力減退の原因

加齢による精力減退の原因は主に2つあります。

  • 男性ホルモンの分泌量の減少
  • 興奮信号の伝達力の低下

男性ホルモンの分泌量の減少

これは、わりと有名な内容で、年齢とともに男性ホルモンの分泌量は減少していきます。

男性ホルモン中の「テストステロン」という成分の分泌量が少なくなるので、体毛が薄くなっていくというメリットとは逆に、

  • 精力(性欲)が減退してやる気がなくなる
  • 元気がなくなる
  • ムラムラしない

といった症状が起こります。

テストステロンは、男性のやる気・元気の源にもなる成分です。精力低下とともに、急に元気がなくなり老け込む(年をとったように感じる)のもこのためです。

興奮信号の伝達力の低下

女性の裸を見たり触れたりすると、一時的に男性ホルモンの働きが活発になります。このとき「cCMP(環状グアノシン一リン酸)」という成分が分泌されて、脳下垂体からチンコに向けて「硬く勃起しろ!」「興奮しろ!」という信号が発信されます。

この興奮信号は、体の脊椎を通る神経を伝って伝達されるのですが、年をとると神経の働きが鈍くなり、興奮信号がチンコに伝わりにくくなります。

その結果として

  • チンコが勃起しなくなる(ED)
  • 勃起が続かない(中折れ)
  • ムラムラと興奮しない
  • 精力が続かない・元気がでない

といった症状が起こるわけです。

精力減退を克服する方法

年齢とともに起こる症状は精力減退だけではありません。

「腰が痛くなる・脚が痛くなる・肩が上がらなくなる」といったように、体に何かの不調が出てきます。そしてそういった症状は、薬やサプリメントで症状を抑える以外に治す方法はあまりありません。

精力の減退も体の不調と同じです。

加齢による精力減退(性欲不足)は薬やサプリメントで補うしかありません。

勃起薬で克服する

「薬やサプリメントで補う」と聞いて、パッと思いつくのがバイアグラといった勃起薬ではないでしょうか?

EDクリニックや病院の泌尿器科で処方される薬で、今はネットで海外から個人輸入することもできます。※海外から個人輸入することは、品質の安全性の面からおすすめしません。
参考海外製の精力剤に安全性・副作用の問題はないのか?

勃起薬は、バイアグラ・レビトラ・シアリスといった薬が有名です。

効果をひと言でいうと「減退した精力や勃起しないチンコを強制的に元気にさせるもの」です。

飲むと30分~1時間で効果を発揮する速効性が魅力ですが、セックス前など限定的な場面で使うことを目的としているため、効果は一時的で症状が治るわけではありません。また、薬としての効果が強いので、副作用も発生する可能性があります。

参考バイアグラ・レビトラ・シアリス勃起薬と呼ばれる精力剤の効果は?

精力剤で克服する

精力剤とは、「強壮剤」と呼ばれるもので、勃起薬とは効果・役割が違います。

精力増大の効果がある必須アミノ酸(アルギニン・シトルリン)、精力アップ効果のある漢方(マカ・クラチャイダム・朝鮮人参など)自然の成分・食材で作られたサプリメントです。

主な特徴は以下のとおりです。

  • 精力減退(性欲不足)を克服するもの
  • 精力的な元気な体質に改善する
  • 副作用がない
  • 効果がでるまで時間がかかる

最大の特徴は、精力減退を一時的に症状を抑えるものではなく、精力溢れる体質に改善するものです。そのため、勃起薬のように短時間ではなく、基本的な生活から精力溢れる元気な体に改善されます。

また、薬ではなくサプリメントなので、副作用がないのも特徴です。精力回復のために飲み続けるとしても、副作用があったら心配ですよね。精力剤はその心配がありません。

ただし、精力増大の効果がでるまで時間がかかるというデメリットがあります。

薬で強制的に回復させるのではなく、精力増大に効果のある成分で徐々に体質を改善させます。そのため、完全に体に定着して精力溢れる体質になるまで3ヶ月~半年くらいは精力剤を飲み続ける必要があります。

でも、

  • 体に害がなく(副作用がない)
  • 継続的に精力が回復する(セックス前に急いで飲む必要がない)
  • 日常生活の活力もでる

という効果なら、日常的に精力剤を飲むメリットは十分あります。

年齢による精力減退はサプリメントで克服できる

年をとって体が不調になったときに酵素・青汁・サプリで必要な栄養を補うように、加齢による精力減退もサプリ(精力剤)で栄養を補うことで克服できます。

当サイトでは、精力不足・勃起不全に悩み、いろいろな精力剤を試して克服した僕の体験談をもとに、精力剤の仕組み・効果・商品の体験談を紹介しています。

調べたり、実際に体験したことをできるだけ細かくまとめているので、ぜひ以下のページも参考にしてみてください。

年齢による精力減退も、自分で克服することはできるんですよ!

こちらからシェアできます