1. ホーム
  2. 中折れ
  3. ≫50代からの中折れ!バイアグラを使わなくても中折れは治る

50代からの中折れ!バイアグラを使わなくても中折れは治る

中折れとは、セックス中に男性のペニスが萎えてしまう症状です。気持ちは精力的に興奮しているのにペニスが縮んでしまう、また気持ちも一緒に冷めてしまうこともあります。

中折れになるのは、男性だと50代が圧倒的に多いです。

もちろん30代でも40代でも中折れになります。僕が中折れになったのも30代です。ですが、割合でいくと50代が一番多くて、男性の3人に1人は中折れになっています。それほど一般的な症状なんです。

「年だから勃たなくても仕方ない・・・」

そう思って諦めていませんか?

でも、50代の中折れは自分で治すことができます!

バイアグラのような強い薬を使わなくても、中折れは治すことができるんです。

50代の中折れの原因

中折れの原因はひとつだけではありません。

  • 男性ホルモンの分泌不足
  • 興奮信号の伝達の鈍化(神経の鈍化)
  • ペニスの血行不良

どれかひとつが大きな原因になることもあるし、複数の原因が重なって中折れとなることもあります。

参考中折れはなぜ起こる!?中折れのメカニズムと対策

50代の中折れの原因は、男性ホルモンの分泌不足とペニスの血行不良です。

この2つの原因は身体的な衰えが原因で顕著に現れます。ペニスが全く勃たなくなるEDも50代の場合は身体的な問題が原因です。

バイアグラは解決にならない

中折れやEDというと「バイアグラ」などの勃起薬をイメージするかと思います。

実際に、クリニックや病院などで中折れやED対策として処方される薬も、バイアグラ・レビトラ・シアリスといった勃起薬です。

ですが、勃起薬はあくまでも一時的に症状を抑える薬です。

飲んですぐに強制的に勃起します。薬の効果が続いてる間は中折れも治りますが、時間が経つと元に戻ってしまいます。

その時だけ中折れしないだけならバイアグラでもいいですが、そもそも根本的な中折れを治したくはないですか?

バイアグラなどの勃起薬では、根本的な解決にはならないんです。

参考バイアグラ・レビトラ・シアリス勃起薬と呼ばれる精力剤の効果は?

50代の中折れを治す方法

上記でも説明したとおり、50代の中折れの原因は

  • 男性ホルモンの分泌不足
  • ペニスの血行不良

の2つです。

過度なストレスも原因として考えられますが、勃起するのに硬くならない・挿入してもセックス中に萎えてしまうという症状は、身体的な要因が原因です。

この2つの身体的な要因を自分で克服するためには、精力剤(強壮剤)を飲むことが一番の近道になります。

中折れを治す精力剤とは?

精力剤(強壮剤)とは、バイアグラのような「薬」ではありません。体の体質を改善する「サプリメント」なので、市販で販売されてるしネットでも購入できます。

例えば、中高年が疲れやすくなったらビタミン剤を飲みますよね?腰や膝が痛い人がグルコサミンやコンドロイチンのサプリメントを飲みますよね?

精力剤もそのようなサプリメントと一緒です。

精力剤には

  • 男性ホルモンの分泌を促す成分
  • ペニスの血行を改善する成分

が含まれています。

サプリメントなので、勃起薬のように飲んですぐに効果がでるものではありませんが、根本的な体質を改善するので、精力剤を飲み続けることで精力的な気持ちが蘇り、セックス中でもギンギンな勃起が持続する体質になります。

男性ホルモンの分泌を促す漢方

中折れを治す精力剤には、マカとクラチャイダムといった漢方が配合されています。

マカ・クラチャイダムには「アルギニン」というアミノ酸成分が豊富に含まれています。

アルギニンは滋養強壮・精力増大には欠かせない成分で、特に男性ホルモンの分泌を促進する効果の高い成分です。

アルギニンが豊富に含まれている精力剤を毎日飲むことで、男性ホルモンの分泌量が増えて、性的な興奮・欲求・盛り上がりに敏感な体質に改善されます。

ペニスの血行を促進するシトルリン

精力剤には「シトルリン」という成分も配合されています。

シトルリンは、血液中の一酸化窒素の量を増大させる効果があります。血液中の一酸化窒素の量が増えることで、血管が広がって血液が流れやすくなります。

これは、ペニスのような末端部分でより効果を発揮して、血液が大量に流れ込むようになります。ペニスが硬く力強く長い時間勃起するためには、ペニスの血液の量と勢いが欠かせません。

シトルリンを継続的に摂取することで、ペニス自体が中折れしないようなペニスに変化するわけです。

50代の中折れを治すためのまとめ

加齢による中折れ・勃起不全はある程度仕方ありません。体の運動能力と一緒で、年齢とともに衰えるものです。

ですが、加齢による膝の痛み・腰の痛みがサプリメントで改善できるように、加齢による中折れも改善することができます。それが精力剤です。

現代の50代と言えば、仕事も性生活もまだまだ充実、まだまだこれからです。体や気持ちは元気なのに、ペニスが反応しないことは悲しいことです。セックスの途中で萎えてしまうのは男として情けないことです。

僕は30代という若さで中折れになりました。
セックス途中で萎えてしまうから、当時付き合っていた彼女にも本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。男としてのプライドもズタズタでした。

今は、中折れに効く精力剤を飲んでいるおかげで、セックス中に萎えることはありません。どんなセックスでも、最後まで硬く力強い勃起がギンギンに続きます。ペニスが反応するから、当然セックスも充実したものになっています。

以下のページでは、僕が今現在も使っている精力剤を中心に、実際に飲んで試しておすすめできる精力剤を集めました。

50代の中折れを克服するおすすめ精力剤はコチラ

ぜひ、上記ページで紹介している精力剤を飲んで、中折れを克服してください。

50代60代の体力の衰えも、自分で克服することができるんですよ!

こちらからシェアできます