1. ホーム
  2. 中折れ
  3. ≫旦那が中折れ!?妻としてできることは?中折れの対処法

旦那が中折れ!?妻としてできることは?中折れの対処法


セックス中にペニスが萎えてしまう中折れ。中折れに悩む男性は以外に多いです。そして、40代50代と年齢を重ねていくと、中折れになる可能性も高くなります。

中折れは、誰でも起こる可能性のある症状です。

あなたの旦那さん(夫)も中折れに悩んでいませんか?

夫婦の仲も良くて、夜の営みも続いている。それなのにペニスが反応しない、反応してもセックス途中で萎えてしまう。

旦那さんもなんとかしたいのになんとかできないんです。それは、男として恥ずかしいという思いと、奥さんであるあなたに申し訳ないと思うから。奥さんだとイケないということだから、申し訳なくて自分からアレコレできないんです。

だからこそ、妻であるあなたが旦那さんにしてあげられることがあるんです。

旦那さんの中折れは、奥さんの努力で治すことができます。

夫婦間のセックスの問題は、夫婦で解決するのが一番です。ぜひ妻であるあなたから、いろいろ旦那さんに提案してあげてみてください。旦那さんも悩んでいるはずですよ。

旦那の中折れの原因

旦那の中折れを治すためには、まずは原因を把握することが大切です。

  • 精神的なストレス
  • 身体的な衰え
  • 男性ホルモンの衰え

精神的なストレス

40代50代となると、仕事や家庭においてストレスが大きくなってくる年代です。

女性が更年期障害で体の調子が悪くなるように、男性もストレスが溜まると更年期となって体の調子が悪くなります。男性が更年期になると、まず症状として現れるのが中折れやED(勃起不全)です。

仕事において大きなプレッシャーを抱えていないか?日常生活や家庭環境で何か問題ごとはないか?確認してみてください。

身体的な衰え

40代過ぎてからの中折れは、身体的な衰えが大きいです。

セックス前は興奮するし、女性の裸やエロいことにも反応する。だけどペニスの反応が鈍くなったり、硬く勃起しなくなったり、中折れする。そういったときは、身体的な衰えが原因です。

身体的な衰えとは、ペニスの血行が悪くなること。

ペニスが硬く勃起したり勃起が続くためには、ペニスに血液が大量に流れ込むことが必要です。ペニスの海綿体細胞が硬く大きく膨張するためには、大量の血流が必要だからです。

加齢とともに手先足先やペニスといった末端の血流は衰えます。その影響で、男性は中折れしたりEDになったりするわけです。

男性ホルモンの衰え

身体的な衰えと同様、中折れの原因として考えられるのが男性ホルモンの衰えです。

男性ホルモンは、女性の裸やエロいことに触れたり考えたりすると大量に分泌されます。男性の勃起は、男性ホルモンの分泌に反応して、脳下垂体からペニスに対して「勃起しろ!」と指令が流れます。

その指令が続く限りペニスは勃起し続けるのですが、男性ホルモンの分泌が少なくなると、その指令が弱くなったり続かなくなったりします。これが勃起しても硬くならないフニャチンや、セックス中に萎えてしまう中折れの原因です。

セックスが気持ちよくない

最後の原因として考えられるのは、セックスそのものが気持ちよくないということです。

男性の身体的な衰えと同様に、女性の体も衰えます。具体的には、膣の濡れが悪くなったり締め付けが悪くなることです。

女性は年を重ねると色気が増す(エロくなる)と言いますが、体の反応は悪くなります。そのことで昔のような快感が得られずに中折れしてしまうことがあります。

参考中折れやEDの根本的な原因はコチラ

旦那の中折れに妻としてできる対策

旦那の中折れに直面したときは、妻が積極的にリードして改善策を考えましょう。

夫は、どうしても情けない気持ちと申し訳ないという気持ちから自分から言い出すことができません。グッズや精力剤を使いたいと思っても、妻に申し訳ない・嫌われると思って言い出せません。

だからこそ、妻からの提案が重要なんです。

ラブホテルに行く

まず一番手っ取り早いのは環境を変えることです。

家だとどうしても生活感が出てしまってイマイチ盛り上がらないので、環境を変えてラブホテルでセックスしてみましょう。

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、それで悩んでいる中折れが治るならやってみる価値はあります。環境を変えることで中折れが治る例は多いです。

ローションを使う

次に効果的なのが、セックスでローションを使うことです。

加齢とともに女性が濡れにくくなることで、セックスそのものの刺激が弱くなって中折れになることはよくあります。それは仕方のないことで、旦那さん・奥さん、どちらのせいでもありません。

セックスにローションを使うことで、セックスが劇的に変わります。ヌルヌルとした感触が快感となって、気持ちよさが全然違います。

イキにくくなって中折れしてしまう旦那も、ローションのヌルヌル効果で勃起が続いてイクことができるようになるかもしれません。

ローションは中折れ対策には効果が高いし、簡単に購入することができるので、ぜひ試してみてください。

精力剤を使う

中折れ対策で一番効果があるのが精力剤を使うことです。

精力剤を使うというと、一時的に強制勃起させる「バイアグラ」を思い浮かべるかもしれませんが、バイアグラのような薬とは違います。

中折れを治す精力剤は「強壮剤」とも呼ばれていて、ペニスの血行を改善したり男性ホルモンの分泌量を増やす成分が配合されているサプリメントです。

バイアグラのように飲んですぐにギンギンになる!というものではありませんが、科学的根拠に基づいた成分が配合されているので、飲み続けることで確実に効果が現れます。

効果のある精力剤の成分

中折れに効果のある成分は、シトルリンとアルギニンという成分です。

  • シトルリン:ペニスの血行を増大させる
  • アルギニン:男性ホルモンの分泌を活性化させる

シトルリンは血中の一酸化窒素の量を増やして血管を広げる効果があります。特にペニスなどの末端の血行不良に効果があって、ペニスの血流が増大します。

アルギニンは滋養強壮効果があり、体全体を活性化させて男性ホルモンの分泌を促進します。精力漢方のマカやクラチャイダムといった植物にはアルギニンが豊富に含まれていて、中折れに効果の高い精力剤には必ず配合されています。

シトルリンやアルギニンが豊富に含まれていて、中折れに効果を発揮する精力剤については、以下のページでまとめてあります。

中折れに効果のある精力剤の一覧を見てみる

どれも、中折れ・EDで悩んでいた僕自身が実際に飲んで効果を実感したものなので、精力剤に興味があるならぜひ参考にしてみてください。

旦那の中折れを治すためのまとめ

旦那の中折れを治すためには、妻の協力が欠かせません。

妻から提案するのは少し恥ずかしいかもしれませんが、旦那は旦那で悩んでいるはずです。何とかしたいのに、妻に申し訳ないかもという気持ちで踏み出せないでいます。

ぜひ、今回ご紹介した改善策を提案して一緒に乗り越えてください。

中折れは、夫婦の協力で治る症状ですよ!

シェアをお願いします。